comcrepe

企業理念

シャッター通りから、
クールジャパンコンテンツをめざして。

仏国で生まれ、独特の進化をとげたジャパニーズクレープ。
なかでもコムクレープは、オリジナル製法とコンセプト構築で、
クレープを唯一無二のラグジュアリースモールへと進化させてきました。

kei hasegawa

大手百貨店でのデパ地下スイーツとしての実績、お中元やお歳暮ギフトとしての実績。
日本最大のクレープ激戦区であると原宿と、スイーツの聖地自由が丘での大行列。
さまざまなメディアでの報道や、お取り寄せスイーツブランドとして全国通販を実現。

クレーピエkei hasegawaが日本初の焦がしクレープであるクレープブリュレを誕生させる。
本店所在地富山県によるクレープブリュレの明日のとやまブランドの認定。
まったく新しいクレープカテゴリーであるクレープブリュレは、
そのシリーズだけで、月に最高10,000食以上の販売を記録。

地方の小さなシャッター通り商店街から生まれたコムクレープは、
クリエイティブディレクション、タウンマネージメントといったバックボーンを活かし、
国内では、全国主要都市へのフランチャイズ店の出店を加速。
さらに、ニューヨークを皮切りに海外進出を視野に入れはじめました。

小さな子供に人気で、若い女性に支持され、大人の女性をも魅了する。
クレープという概念を超えたラグジュアリースモールは、全国へ、世界へ。
食べ歩きはもちろん、日本のお取り寄せスイーツとしてのステイタスブランドへ。

たかがクレープ。
されどコムクレープ。

私たちの進化が、
これからも日本のクレープの
可能性を広げて行きます。