comcrepe

news

news

コムクレープFC第二レーベルは、海外ライセンス契約も対応しています。

北京、香港、台北、上海、
ソウル、シンガポールといった
海外からのFCへの
問い合わせも多かったコムクレープ。
弊社の今後の海外展開の計画や、
アジア進出の考え方や、
コスト的な問題、スケジュール的な問題で
なかなか実現しませんでしたが、
新設した第2レーベルなら対応可能です。

クレープブリュレと
タピオカーナ専門店として海外で展開できます。
食材の調達や現地での研修やブランド管理方法など、
その地域の実情に合わせて検討しますので、
ぜひお問い合わせください。
また、複数年で複数店舗のご契約、
ライセンス権利を保有してのイベント出店なども
ご相談にください。

コムクレープの東京旗艦店には、
中国、韓国、台湾、シンガポール、
タイ、ベトナムといったアジア圏のお客様が、
インバウンドに乗ってご来店いただいております。
ぜひアジア初のコムクレープは
第2レーベルでご検討ください。

第2レーベルは今後コムクレープ原宿再出店の予定があるほか、
コムクレープFCよりも研修期間やメニュー数を抑えて、
イニシャルコストを抑えたFCモデルとなっています。

コムクレープFC資料請求はこちらから。

コムクレープFC加盟重点区は、宮城県の「仙台市」エリアです。

コムクレープは過去3度、
宮城県仙台市に催事出店しています。
2度の催事は、日本テレビ全国うまいもの博に出店し、
仙台三越様で行列を作りました。
また、藤崎百貨店様にも出店し完売した経験があります。

そもそも東北地方はコムクレープファンが多く、
青森市での催事イベントでは3日間で160万円近くを販売。
日商最高60万円の記録があります。
盛岡市のイベントでは、2,000個買取で契約後に販売。
会場のイオンモールでの催事での反響が凄まじく、
500個ほどの追加注文を承りました。
その他、弘前市、五所川原市(2000個買取)、
山形市などへの出店経験もあります。

東北地方ではコムクレープが
認知されており、
なかでも「仙台市」は、
コムクレープFC本部としては
最重要店地区と位置付けています。
昨年も仙台市青葉区のファッションビルから誘致があり、
スタッフがお話を伺っています。
過去には駅前商業施設様からも依頼がありました。
また、弊社タウンマネージャーは仙台には
過去10回以上訪問しており、
その地域性などを把握しています。
ぜひ、コムクレープ東北一号店に
名乗りをあげていただける方からの
お問い合わせをお待ちしています。

コムクレープFC加盟重点地区は、宮城県「仙台市」は
●コムクレープFC店ショッピングセンターモデル
●コムクレープFC店路面店モデル
●コムクレープFC第2レーベルクレープブリュレ&タピオカ専門店モデル
●コムクレープFCエリア契約東北ブロックモデル
すべて対応可能となっています。お気軽にお問い合わせください。

コムクレープFC資料請求はこちらから。

コムクレープFC加盟重点地区は、北海道の「札幌市」エリアです。

コムクレープは過去4度、
北海道札幌市の催事出店しています。
長い催事店の歴史の中でも、
ダントツの売り上げです。
11月と2月に札幌東急様と契約して、
クレープブリュレバニラなどを販売。
4日間の催事で2,000個を完売。
最速の記録は平日で500個が13時完売。
土日は11時で500個完売となっています。
このスピードは全国でも最速ですし、
過去4度の実績は、偶然ではないと思われます。
札幌市のお客様には、
本当にコムクレープをご愛顧いただきありがとうございます。
こういった実績でコムクレープが
認知されております「札幌市」は、
コムクレープFC本部としては
最重要店地区と位置付けています。
弊社スタッフがすでに札幌駅からすすきのまで
直に歩いて視察済みです。
ぜひ、コムクレープ北海道一号店に
名乗りをあげていただける方からの
お問い合わせをお待ちしています。

コムクレープFC加盟重点地区は、北海道の「札幌市」は
●コムクレープFC店ショッピングセンターモデル
●コムクレープFC店路面店モデル
●コムクレープFC第2レーベルクレープブリュレ&タピオカ専門店モデル
●コムクレープFCエリア契約北海道ブロックモデル
すべて対応可能となっています。お気軽にお問い合わせください。

コムクレープFC資料請求はこちらから。

コムクレープFCの従来の半分の資金で開業可能!第2レーベルFC店の加盟者を募集します。

コムクレープブランドをFC店で開業する場合、
ある程度のイニシャルコストがかかります。
過去の候補者の皆さんの中でも、
開業資金が足りなくて断念していただく方や、
不本意ながらも他のクレープ店を利用されるケースもありました。

そこで、コムクレープ本部では、
今までコムクレープFCへの情熱があっても、
どうしても資金が届かなかった
FC候補者様のリクエストにお応えする形で、
コムクレープFC第二レーベルを創設しました。

特徴です。

●開業資金は従来のおよそ半分。
●モバイルカーや小スペースでも対応。
●クレープブリュレとタピオカーナの専門店。
●オペレーションの追求で研修も短期で完了。
●個人で開業したい方も率先してバックアップ。

多数のコムクレープFC希望者様の中でも、
あと少し手が届かなった方に
ぜひもう一度トライしてみたいただきたいプラン。

また、これからこむくれーぷFCを
自らのビジネスとしてお考えの皆さんで、
イニシャルコストを抑えて開業したい方がいらっしゃいましたら、
ぜひFC資料請求とともに
お問い合わせ内容欄からリクエストしてください。

このコムクレープFC第二レーベルは、
コムクレープ原宿再進出の際のブランドの予定です。

コムクレープFC資料請求はこちらから。