comcrepe

news

news

コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」の下北沢エリアのテナント候補地をご紹介します。

コムクレープFC第二レーベル
「クレーピエトーキョー」FC開設にニュース。
家賃的にもスペース的にも、
オーナー兼店長で運営できる
絶好の場所を確認しました。

人気の東京エリア物件ですので、
早めにご連絡ください。
営業は2020年春頃から可能です。

コムクレープFC資料請求はこちらから。
備考欄に「クレーピエトーキョーFC希望」と明記して、資料請求してください。

コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」FC店の加盟者を募集!従来の半分の資金で開業可能です。

コムクレープブランドをFC店で開業する場合、
ある程度のイニシャルコストがかかります。
過去の候補者の皆さんの中でも、
開業資金が足りなくて断念していただく方や、
不本意ながらも他のクレープ店を利用されるケースもありました。

そこで、コムクレープ本部では、
今までコムクレープFCへの情熱があっても、
どうしても資金が届かなかった
FC候補者様のリクエストにお応えする形で、
コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」を創設しました。

特徴です。

●開業資金は従来のおよそ半分。
●モバイルカーや小スペースでも対応。
●クレープブリュレとタピオカーナの専門店。
●オペレーションの追求で研修も短期で完了。
●個人で開業したい方も率先してバックアップ。

多数のコムクレープFC希望者様の中でも、
あと少し手が届かなった方に
ぜひもう一度トライしてみたいただきたいプラン。

また、これからこむくれーぷFCを
自らのビジネスとしてお考えの皆さんで、
イニシャルコストを抑えて開業したい方がいらっしゃいましたら、
ぜひFC資料請求とともに
お問い合わせ内容欄からリクエストしてください。

このコムクレープFC第二レーベルは、
コムクレープ原宿再進出の際のブランドの予定です。

コムクレープFC資料請求はこちらから。

コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」のFC概要を発表します。

コムクレープFCに続く第二レーベルFC。
名称は「クレーピエトーキョー」です。

crepier tokyo. powered by concrepe

コムクレープFCとどう異なるのかの概要を紹介します。
 

①加盟金などのイニシャルコストが抑えられます。
手が届かなったブランドが

②クレープブリュレとタピオカーナの専門店です。
原宿で伝説を作ったメニューが効率的に販売できます。

③オーナー兼店長での独立の方にピッタリです。
小規模から始めたい個人の方や複数店舗希望の法人様向け。

④5坪以下の小スペースやモバイルカーに対応しています。
実現不可能だったスタイルも営業可能となりました。

⑤クレーピエ公認の場合「黒板メニュー」が販売できます。
クレーピエの指導の元、希望する店舗に許可が与えられます。

コムクレープFC資料請求はこちらから。
備考欄に「クレーピエトーキョーFC希望」と明記して、資料請求してください。

コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」は、5坪小スペースやオーナー兼店長スタイルに対応しています。

コムクレープFCへのお問い合わせには、
自分でクレープ店の夢を叶えたいという方が多いです。
本来自分で始めるところをFCで。
コムクレープFCではやや規模が大きいことと、
予算が合わないことから、
個人の方の小スペースにはなかなか対応できませんでした。

コムクレープFC第二レーベル「クレーピエトーキョー」は、
路面店で5坪以下のスペースにも一人のオペレーションで完結するスタイル。
小規模イニシャル投資で、オーナー兼店長での営業に最適。
自分の頑張りがそのまま、自分の所得に反映される。
コムクレープFCではメニュー数も規模も大きすぎた皆様に向けて、
小規模でしっかり自分の利益は獲得することを目標にしています。

第2レーベルは今後コムクレープ原宿再出店の予定があるほか、
コムクレープFCよりも研修期間やメニュー数を抑えて、
イニシャルコストを抑えたFCモデルとなっています。

コムクレープFC資料請求はこちらから。